ゼロも転じてプロとなる?

インフラエンジニアは、業界未経験でも目指せる!

需要が高まるポジション

インフラエンジニアは、オフィス環境を構築する際に役に立つ職業です。

大規模なオフィスともなると、それぞれのパソコンやNAS、複合機をネットワークで接続しなければなりません。
インフラエンジニアは、こうしたシーンで活躍します。
どのように各種マシンの設定をすればより効率的に業務が行えるのか、安定してシステムが運用できるようになるのか、すべて計算をして社内ネットワークの構築に当たります。

オフィス環境の構築が上手く行けば、仕事の能率もアップします。
システムが安定的に稼働してくれれば、顧客に対して安定したサービスを提供できることでしょう。

最近はほとんどの会社で、複数台のコンピューターを稼働させていますから、インフラエンジニアの需要はとても高いと言えます。
もっと言えば、ビルを丸ごとサーバーにしている会社も出てきました。
ネットサービスを提供している会社なら、優秀なインフラエンジニアがいないと仕事を開始することさえできません。

毎日の管理と運用もすべて外部のエンジニアに任せるケースが増えてきています。
今後も安定して仕事にありつける職業だと評価が高いのも納得です。

インフラ系は未経験でもできますが、ネットワーク関連の資格を持っていれば強いです。
ネットワークスペシャリスト試験は国家試験であって非常に難しいですが、取得後には便利に使えます。
こうした資格があれば、就職はもちろん転職も難しくありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です