ゼロも転じてプロとなる?

インフラエンジニアは、業界未経験でも目指せる!

求められる3つのスキル

IT業界の中でもインフラエンジニアは人材不足に陥っているため、未経験からでも就職できるチャンスがあると考えてよいでしょう。
このチャンスを活かして就職活動を成功させるためには、どのような人材が求められているかということを把握しておく必要があります。

まず挙げられるのは設計書を作成できるスキルを持っている人です。
設計書の作成と言っても、ただ設計書を作れるだけではいけません。
インフラ系のエンジニアが扱う設計書はクライアントに見せる書類でもあります。
そのため誰が設計書を読んでも理解できるような設計書を作成できる必要があるのです。

次に挙げられるのはプラットフォームの構築が上手くできる人です。
プラットフォームはソフトウェアにおける土台とも呼ばれる重要なポイントなのです。
プラットフォームを上手く構築できなければソフトウェアが正常に作動しない事態も招いてしまうため、インフラ系のエンジニアには必須の能力と言えるでしょう。

他に挙げられるのは負荷に強いサービスを開発できる人です。
インターネットは24時間繋がり続けていることが当たり前になっているので、サービスが負荷に強いことは重要視される部分になります。
負荷が弱いサービスではサービスを利用しているユーザーやクライアントからの信頼を失ってしまう可能性もありますから、負荷に強いサービスを提供できる人材は企業から重宝されることも多いでしょう。

この3つの要素に合わせてネットワークやシステムに関する知識を深めておけば未経験でも採用してもらえる可能性は高くなるはずです。
経験ゼロからインフラエンジニアを目指す方に教えたいお役立ち情報はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です